新卒で入社した会社を辞めて転職した時の話

           f:id:huaiwam:20210620000306j:plain


こんにちは、まるみです。

 

私は、新卒で入社した会社を3年で退社し、転職しました。

その時の状況と感じたことを書いていきます😶

 

転職を決意したきっかけ

正直に言うと、配属した部署の雰囲気を好きになれなかったからです。

 

入社した直後は気の合う同期に恵まれ、

入りたかった業界の希望した部署に配属されたことが嬉しく

これから頑張ろうとわくわくしていました。

 

しかし部署に配属されてから

悪口や噂話、怒鳴り声が頻繁に耳に入ったり、

理不尽なことで怒られ嫌味を言われたりして、

職場が嫌になってしまいました。

 

すぐ辞めたくなりましたが、

せっかくやりたかった仕事に就けたのと、

自分が失敗したときに味方をして励ましてくれる直属の上司や

雑談に付き合ってくれる先輩、一緒にいてくれる同期がいたので

とりあえず3年(よく言われる年数笑)耐えました。

 

その間に転職活動をしていました。

 

転職活動の状況

退職する1年位前から次はどんな会社にしようか考え出しました。

 

最初の頃は仕事が自分に向いていないのではないかと自信をなくしていたので、

新しい仕事に逃げたくなりプログラミングスクールに通い始めました。

ただそんな生半可な気持ちでできるわけなく、すぐ辞めてしまいました。

 

次に、興味があったけど自分には無理だろうと思って

選ばなかった仕事が昔あったので、

ここで挑戦しておこうと思い何社か面接を受けました。

しかしやっぱり落とされました。

 

そこでやっと、

自分が会社のためになれるのは、ちょっとでも実務経験を積んだ今の仕事だ

ということに気づきました。

 

それからは同職種でいくつか会社を受け、なんとか内定が出て

転職することができました。

 

転職して感じたこと

会社の自分の敵が嫌だ、早く辞めたいということばかり考えていましたが、

同時に味方もいっぱいいて、

その人たちとの繋がりにもっと目を向けるべきだったなと思いました。

せっかく生きているのに敵のことばかり考えていてももったいないです。

 

また、夢は自分には無理かもしれないと思っても挑戦してみて、

駄目だった時に初めて諦めればいいと思いました。

やってみて失敗して分かることもあるし、後から後悔することもありません。

 

あと、会社は縁だなと思いました。

次の会社が見つからないかもしれないと不安になることもありますが、

自分がやるべき努力をしていれば必ず新しい縁が来ると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。